ボイストレーニングOnline

No.15 2007/06/30

No.14 | No.15 | No.16

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◆ スピリチュアル ヴォイス ネットワーク by KosmosFlower  No.15
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 歌い手、役者、様々な表現者がスピリチュアルで真に深い表現をするために
 必要なヴォイストレーニング、舞台発声、演技、精神性などについて触れて
 いくメールマガジンです。最新のメソード、情報などもお伝えします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 ── CONTENTS ────────────────────────

  1. オンラインボイストレーニング講座
     ~ コントロールすることの大切さ ~
  2. お知らせ
    (1)講演会のご依頼について
    (2)地方の方へのレッスンについて
    (3)体験レッスンについて
  3. 編集後記

 ───────────────────────── 2007.6.30 ──


 みなさま、こんにちは。

 「スピリチュアルヴォイスネットワーク by KosmosFlower」
 メールマガジンをご愛読いただきまして、ありがとうございます。
 編集担当の片野 辰徳です。


 何事にも一生懸命になることはとても大事な事です。

 ただ、常に全力では周りも見えなくなりますし、
 無理をしても自分の思い通りの表現はできないと思います。

 自分の声や表現を把握し、その中でいかに自分を
 コントロールできるか。

 今回のオンラインボイストレーニング講座は
 「コントロールすることの大切さ」をテーマにお届けします。

 ぜひお読みいただき、お役立てください。

………………………………………………………………………………………………

 1. オンラインボイストレーニング講座
    ~ コントロールすることの大切さ  ~

………………………………………………………………………………………………

  みなさん、こんにちは。

 
 今回は、コントロールすることの大切さをテーマにお伝えしますね。

 音楽家や俳優など、声を扱う表現者にとって声を使う上で一番大切なこと、
 それはコントロールすることです。

 それでは、それをスポーツを例に例えてみましょう。

 例えば、サッカーをする時に、
 ボールを持って全速力で走ることはできるでしょうか?
 もしドリブルをしながら、ボールをコントロールしながら走るとしたら、
 必ず自分が走れるスピードの6割から7割のスピードに抑えて
 ボールをコントロールするはずです。
 全速力で走ってしまってはボールがどこかに飛んでいってしまいますよね。

 それは、歌を歌うときやお芝居で声を使う時なども同じです。
 ともすると、「大きい声はいいことだ!」「声の大きな方が表現力が高い!」
 などと誤解されることが非常に多いですね。

 それを野球に例えてみるならば、素晴らしいピッチャーとは、
 球の速いピッチャーではなく、勝利に繋がる結果を残していけるピッチャーです。

 150kmを超える速球を投げるピッチャーは特に海の向こう、
 メジャーリーグでは多くいますが、
 その全てが素晴らしい結果を残していけるかというと、そうではありません。
 自分の能力をしっかりとコントロールしていけるピッチャーが
 確実に勝ちに繋がるピッチングをしていきます。
 130km台の直球しか投げれないピッチャーが
 勝ちにつながるピッチングをしていくことも往々にしてあり得るのです。

 厳しい結果が求められるスポーツの世界ですら、最終的には人との競争ではなく、
 どう自分の個性を把握し、生かしていくかだと思います。

 自己を表現するという意味では、
 スポーツよりも我々の仕事の方が表現の形態はより自由です。
 その世界にいる僕たちがするべきことというのが、声の大きさを競うことでなく、
 自分の個性を把握し、その長所を生かして表現していくことが
 大切というのは想像に難くないですね。


 今日のお話はここまでにさせていただいて、
 声のコントロールの詳しいお話はなどは、また次回にさせていただこうと思います。
 楽しみに待っていてくださいね!


 KosmosFlower 主宰
 中西健太郎

………………………………………………………………………………………………

 2. お知らせ
   (1)講演会のご依頼について
   (2)地方の方へのレッスンについて
   (3)レッスンのご予約について

………………………………………………………………………………………………


(1)講演会、公開レッスン、ワークショップなどのご依頼について

 KosmosFlowerでは、講演会や公開レッスン、ワークショップの依頼を
 承っております。
 
 声や、身体に関すること、歌や演技などの表現に関すること、またそれ
 らに関わる精神性、などをテーマとして講演会、公開レッスン、ワーク
 ショップなど様々な形でお受けすることができます。
 
 また、講演会と公開レッスンやワークショップを組み合わせ、理論と実
 践の双方からアプローチすることもできます。
 
 遠方への出張にも対応させていただきます。詳しくはメールにてお問い
 合わせください。
 staff@kosmosflower.com


(2)地方の方へのレッスンについて

 遠方にお住まいの方からもお問い合わせを多くいただいております。
 KosmosFlowerでは、地方への出張レッスンやワークショップも承ってお
 ります。
 詳しくはメールにてお問い合わせください。
 staff@kosmosflower.com

(3)体験レッスンのご予約について

 現在6月の体験レッスンの受付をしております。
 なお、レッスンが大変混み合っておりますので、申し訳ございませんが、
 体験レッスンの受付は月に5人までとさせていただいております。
 ご了承くださいますよう、お願いいたします。
 体験レッスンについての詳細は以下のページに記載されております。
 http://www.kosmosflower.com/free.html


………………………………………………………………………………………………

 3. 編集後記

………………………………………………………………………………………………


 さて、今回の「コントロールすることの大切さ」はいかがでしたか?

 自分の声、表現でも思い通りにコントロールする事は
 意外と難しいものです。

 でも、僕たちは一人で歌や芝居を作っているわけではありません。

 自分のやりたいようにただ表現してしまっては

 その歌や作品の意図を汲み取ったり、

 メンバーや共演者とのバランスや協調性といった
 大事な部分をないがしろにしてしまうだけでなく、
 何よりも大切な受け取る側に何も伝わらなくなって
 しまうかもしれません。

 自分の声や表現をコントロールすれば、
 冷静に自分の表現や共演者とのバランスを分析できる自分を
 持てるはずです。

 自分の個性を活かし、なおかつその作品や現場で求められる
 表現にも答える。
 そして、受け取る側のお客さんにも響き共感できる表現をする。

 そのコントロールが出来て初めて本当のプロなのではないか。
 と、そう感じました。

 
 まだまだ先は長いですが、そんなプロを目指していこうと思います。


 


 みなさまのご意見、ご要望、ご感想をお待ちしています。
 是非、staff@kosmosflower.com までお寄せください。

 最後までお目を通していただき、ありがとうございました。
 それでは次号もお楽しみに!


 スピリチュアル ヴォイス ネットワーク by KosmosFlower
 編集:片野辰徳

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●このメールマガジンは、以下の発行ツールで発行しています。
 まぐまぐ (http://www.mag2.com/) ID:0000121168
 melma! (http://www.melma.com/) ID:00103163
●登録、解除は以下のアドレスよりお願いいたします。
 http://www.kosmosflower.com/method/training.html
●HPでは過去のメールマガジンも読むことができます。
 http://www.kosmosflower.com/method/training.html
●このメールマガジンへのご意見・ご感想・ご質問などございましたら
  staff@kosmosflower.com までお気軽にお寄せください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
スピリチュアル ヴォイス ネットワーク by KosmosFlower

発行:KosmosFlower - Spiritual Voice Network 中西健太郎
info@kosmosflower.com
http://www.kosmosflower.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C)2007 KosmosFlower All rights reserved.


No.14 | No.15 | No.16