ボイストレーニングOnline

No.6 2004/03/30

No.5 | No.6 | No.7

————————————————————————————————————
スピリチュアル ヴォイス ネットワーク by KosmosFlower   No.6   
————————————————————————————————————

“ 真実を深く届ける俳優のための発声法   その3 ”
『 破滅に向かって努力する?? 』 
『 メソッドのチェックをしよう! 』

こんにちは。 桜も満開になり東京は春ですね。今回メールマガジンの発行が遅くなり、みなさんにご心配おかけし申し訳ございませんでした。今日、明日と発行してなんとか月二回発行のお約束は守ります! 『忙しいと思いますが頑張ってください!』 などの励ましのメール多数いただき本当に感謝しています。 ありがとうございました。

では、本文に入りたいと思います。


( レッスンは点線内の本文で進んでいます。時間のない方は点線内だけを
お読みいただければだいじょうぶです。 )

ーーーーーーーーーー ここからが本文です。 ーーーーーーーーーーーーーー

『 破滅に向かって努力する?? 』
『 メソッドのチェックをしよう! 』

破滅に向かって努力するということが、よく起こります。時として遠回りすることや、失敗することは大成長を促しますから、それほど間違えることに神経質になることはありませんし、失敗を恐れて消極的になるよりも、失敗しようがなにしようが前進しようという想いで積極的に進んで行くことは非常に大切なことです。 しかし、安易な考えからよく考えもせずに間違った練習方法を繰り返してしまうことほどもったいないことはありません。そしてその練習が長ければ長いほど、努力すればするほどマイナスの方向、すなわち破滅に向かって努力していってしまうのです。ですから必ず自分のメソッドのチェックというのを怠らないようにしてください。メソッドのチェックは常に行うことが必要です。段階によって、またその時自分の求めているものによってメソッドは変わってくるからです。

よく独学に関して質問を受けますが、独学はもちろん可能だと思います。しかし、一番難しいのがこのメソッドのチェックや、自分の状態のチェックじゃないでしょうか。どんな仕事でも、プライベートでも自分自身を客観的にみて判断し、改善していくと言うことはものすごく難しいことですよね。一度良いと思い込んでしまうと、間違えていてもなかなか気付かないもので、かなりひどい症状が出るまで進んでしまうことが多々あります。

独学には多くのメリットがありますが、その分大きな危険性があるということもよく理解して充分に注意しておく必要があるでしょう。理想を言えば、ある程度の基礎や判断がつくまではしっかりと教わったり、方向性がそれていないかきちんとチェックしてもらうのがベストです。

しかし先生選びはすごく大変ですし、下手な先生につくとそれこそ『破滅に向かって努力』してしまったり、人間関係がややこしくなったり。。。と僕もものすご苦労した経験がありますので、先生選びについてもこのメールマガジンでこれから触れさせていただきますね。それから、地方にいる方はなかなかいい先生とめぐり合えなかったり、レッスンに通うにはものすごくお金がかかったり大変でしょうから、なるべくメールマガジンやHP、また質問などを通してきちんとしたメソッドを体得できるようにしていきます。


また、KosmosFlowerでは通常のレッスンのみでなく、独学をしている方のメソッドのチェックや、独学を進めていく上でのアドヴァイス、今後の方向性の相談やオーディションの対策。他の先生についている方や所属があるかたの単発的なレッスンや相談も行っていますのでご利用ください。この件に関しては質問のメールやご要望が多く、専用の時間帯や曜日を新設しようと思っています。

さて、前回のメールマガジンでもお話した舞台発声のメソッドのお話に戻りますが、舞台発声のメソッドで、『アエイオエオアオ』と一定の音程で単調に繰り返す発声方法があります。この発声方法で練習している生徒にどうしてそのようなメソッドで練習してきたのかと聞くと、ほとんどの生徒が 『 分かりません 』 と答えたり、 『 そう教わったから 』『 みんなそのメソッドでやっているから 』 などと答えます。その生徒達に 『 何で音階で練習しないの? 』 と訊くとほとんどの生徒が『 しゃべり声だから 』 と答えます。

全く恐ろしいことだと思います。ちゃんとした検証もしていない練習方法が、『みんながやっているから』 『 ずっとこのメソッドで行われてきたから 』 ということだけで常識になってしまっています。それなのにちゃんと研究された素晴らしいメソッドが誰もやっていないから、今までの方法と違うからといううことだけで非常識扱いされてしまうのです。このことはヴォイストレーニングのメソッドだけじゃなくて、世の中や組織の色々なところで起こっていますよね。

決して常識が悪いとか芸術は反体制だとかそういうことではなく、いつのまにか常識と思われているようなことに疑問を感じたら冷静にきちんと検証してみることは大切なことです。 世の中を変えるような発見や思想はほとんどが疑問を持つというところから生まれています。世の中で常識と言われていることやメディアの情報に麻痺することなく、おかしいと思ったことに素直に疑問を持てる鋭い感性を磨いてください。

今回のお話はここまでにさせていただきたいと思います。次回は明日発行です。
間がなくてすみません。頑張って読んでくださいね!

次回(明日)は  “ 真実を深く届ける俳優のための発声法 ” の最終回をお届けします。
その後の号からは歌や舞台発声、演技などを含めてどんどん具体的なメソッドにも触れて行きますので、楽しみにしていてくださいね。


質問にもお答えしていきますので、たくさんお寄せください。一人の方が何度も質問していただいてもけっこうですよ。熱心な生徒さん大歓迎です!!

では、また明日お会いしましょう。
ありがとうございました。

スピリチュアル ヴォイス ネットワーク by KosmosFlower   
中西健太郎


ーーーーーーーーーー 本文はここまでです。 ーーーーーーーーーーーーーー


◎ ご感想やご質問のメールいつもありがとうございます。みなさんにいただくメールをとても楽しみにしています。携帯メールのような一言だけの気軽なメールも大歓迎ですよ。
失礼になるのではと心配されてる方もいらっしゃるみたいですが、一言でも感想をいただけるのはとても励みになるんです!気軽にメールしてくださいね。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行者:KosmosFlower - Spiritual Voice Network  中西健太郎
info@kosmosflower.com
http://www.kosmosflower.com/

No.5 | No.6 | No.7